ライフリンケージ

聴覚障害者・臨床検査技師のちょっとした情報シェアします。

未分類

僕が投票に行くたった1つの簡単な理由

2017/01/24

今日は参議院選挙の投票日ですね。

選挙権年齢も18歳以上になり、
ますます僕達の1票が重要になったのではないでしょうか?

身近に投票しない人もいますが、その理由に

・政治家が信用できない
・政策がよく分からない
・自分の1票など大した事ない
などなど様々な理由があります。

だけど、EUの離脱のニュースでも出てきたように
自分の一票がものすごく影響を与えます。

もしかしたら、投票しない人は
本当は自分の一票に重みがあると分かっていて
気軽に投票できないと思っているのかも知れません。

あれこれ考えている結果、
結局行かずじまい ^^; なのかも。

誰に投票するかどうかは各個人の自由。

まずは選挙には行った方がよい。

それだけは言えると思います。

自分が行くその理由はたった1つ。
とても簡単です。

自分の年代の投票率を上げるため。

参議院投票率1
参照:総務省の年代別投票率

上の図は参議院選挙の年代別投票率ですが、

平均投票率より圧倒的に
20代,30代の投票率が下回っています。

もし自分が政治家で当選つもりだったら、

当然、投票をしてくれる人が多い年代が
響きやすい公約を掲げるでしょう。

要は、20代、30代は政治家に

ナメられてるんですよ。

たたでさえ少子化で若い世代の人口数が少ない上に

投票率が低ければ、そりゃ相手にしないよね。

だから必然と高齢者が有利な政策が行われるのかもしれない。

でもね、もし投票率がものすごく高くなれば・・・

どうなるんだろう?

きっと政治家だって無視できなくなるんじゃないかな。

20代、30代も視野に入れた政策を

もっと真剣に考えてくれるかもしれない。

政治が分かりにくいっていう部分も

20代、30代が分かる言葉で

もっと分かりやすく説明してくれるかもしれない。

分かりやすくなれば、自分が誰に投票したらいいか

こっちももっともっと、自分で考えられるようになって

投票する相手を選択しやすい環境になると思う。

だから、まずは自分たちを無視できない状況にするために

投票率を上げるために投票をする。

その行動が、僕達の未来に繋がる。

これが僕の投票する理由です。

18歳選挙になった事で、今後は10代の投票率も気になる。

彼らは、ネットやSNSで色々情報を駆使するだろう。

情報もものスゴイ速度で拡散し、
もしかしたら、「選挙行こうぜ!」ってノリで
意外と投票率が高くなるかもしれない。

そんな彼らが20代、30代になった時、
投票率は高くなりそうな予感がする。

それもそれで、僕ら30代って

ものすごく恥ずかしい・・・

僕らが40代になった頃、

10代、20代の投票率が高くて、
40代の投票率が低かったら・・・

政治家はどっちを相手にするだろうね。

だから、特に30代!

今後どうなるか分からないけど

まずは投票しよう!!

-未分類
-