ライフリンケージ

聴覚障害者・臨床検査技師のちょっとした情報シェアします。

パソコン・スマホ

ADBコマンドを入力できるようにして、格安SIMでテザリングを有効化する ー忘備録ー

2017/01/24

前回、格安SIMでテザリング有効化する方法をシェアしました。

記事はこちらをクリック。

やる事は至って単純なのですが、adbコマンドが使用できるようにしなければいけません。

 

kadbコマンド不可

 

 

コマンドプロンプトでこのようなメッセージが出るならば、まずはadbコマンドを使用できるように設定します。

adbコマンドが実行できる環境にするために

 

・JAVA SEをインストール

後に後述するAndroid SDKの動作に必要となるため、これを先にインストールします。

JAVA SEダウンロードサイト
www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

下記の画面のJDKをクリックします。

 

java11

 

 

「Accept License Agreement」にチェックを入れ、
windows 32bitなら、「~i586 exe」
windows 64bitなら、「~x64 exe」をクリックします。

※自分のwindowsが32bitか64bitか確認する方法は『コントロールパネル』⇨『システムセキュリティ』⇨『システム』とクリックしていくと『システムの種類』が出てくるのでこちらで確認する事が出来ます。

 

 

java12

 

 

java13

 

 

上記の該当するファイルをダウンロードしたら、ファイルをダブルクリックして画面に従ってインストールをしてください。

インストールが完了したら、JAVA SEは終了です。

 

 

 

・Android SDK インストール

次にAndroid SDKを下記のサイトでダウンロードします。
https://developer.android.com/studio/index.html

【コマンドライン ツールのみ入手する】の項目まで、下にスクロールさせます。

そして赤枠で囲まれているファイルをダウンロードします。

 

adk11

 

 

以下の画面が出てきたら、チェックを入れてダウロードをします。

容量が100MBを超えてるので、少し時間がかかるかもしれません。

 

adk12

 

 

ダウンロードが完了したら、ファイルをダブルクリックします。

adk3

 

 

最初に下記のような画面が出てきます。JAVAのインストールがきちんと出来ていれば下記のような画面に自動的になります。

確認したら【Next】をクリックして進みます。

 

java4

 

 

『Choose Users』と選択を迫られますが、たぶんこれはどちらでもいいと思います。

基本的に使うのは自分だけだと思うので、ここでは【Install just for me】で次に進みます。

 

adk13

 

 

下記の画面が超重要で、インストール先の選択ですがインストール先のフォルダを覚えておいてください。

後ほどこのインストール先を記す必要があるので、メモ帳などにコピペしておくといいです。

自分は分かりやすいように、Cドライブの直下にしました。(C;\android-sdk)

 

 

adk14

 

 

インストール先を決めたら、後はインストールをクリックしてどんどん先に進みます。

インストールが完了したら、「Next」をクリックします。

「Start SDK Manager」にチェックが入っている事を確認して、「Finish」をクリックします。

そうすると自動的に「Android SDK Manager」が起動します。

 

チェックが色々と入っているかと思いますが、下記の3項目だけにチェックを入れます。

・Android SDK Tools
・Android SDK Platform-tools
・Google USB Driver

 

 

adk15

 

 

adk16

 

チェックを入れたら、インストールをします。

全てのインストールが完了したら、「Android SDK Manager」を閉じます。

これでAndroid SDKのインストールが完了です。

ここまできたら、後もう少しです。

 

・Android SDKが動作するように設定をする

今度はAndroid SDKがコマンドプロンプトで動作するように、Android SDK のPathを通します。

変数値を変える作業ですので、ここは慎重に自己責任でお願いします。

間違えると、Windows自体に影響を与えるかもしれません。

 

kadb環境変数1

 

『コントロールパネル』⇨『システムとセキュリティ』⇨『システム』⇨『システムの詳細設定』まで進みます。

 

kadb環境変数2

 

システムのプロパティが開いたら、『環境変数』をクリックします。

 

kadb環境変数3

 

「システム環境変数」欄にある「Path」という項目をクリックします。

色が青くなったら、「編集」をクリックします。

 

kadb環境変数4

 

『環境変数名の編集』画面の右下にある『テキストの編集』をクリックします。

 

kadb環境変数5

 

『システム変数の編集』の『変数値(V):』の値の最後に、先ほどの「Android SDKのインストールフォルダ」を入力します。

ここで注意が1つあります。

既にある変数を消してはいけない!

もし消してしまったり、間違ったりするとWindows自体の動作に影響があるかもしれません。

 

kadb環境変数6

 

 

『変数値(V):』の一番後ろにカーソルを合わせ、「;」セミコロンを入れます。

そして「インストール先\platform-tools」を入力します。

自分の場合だと「C:\android-sdk\platform-tools」となります。

 

kadb環境変数7

 

入力が終了したら、「OK」をクリックし環境変数名に「C:\android-sdk\platform-tools」が反映されている事を確認して「OK」をクリックし、「Android SDK Manager」を終了して全て閉じます。

これで設定は完了です。

実際に動作するか確認をしてみます。

windows10では、windowsアイコンを右クリックするとコマンドプロンプト(管理者)という項目があるのでこれをクリックします。

 

キャプチャ

 

コマンドプロンプトが表示されたら、【adb】と入力して【Enter】を押します。

下記のように、画面が表示されれば成功です。

 

kadb環境変数8

 

もし表示されなければ、Pathが間違っている事になりますので、今一度見直してみてください。

※Android SDKのインストール先を入力間違えていないか?;(セミコロン)が正しく入力されているかどうか?など

後は、テザリングを設定するために、スマートフォンをUSBで繋げてコマンドでADBコマンドを入力するだけです。

その記事はこちらで。

一度インストールしてADBコマンドが使える環境が整っているれば、今後は楽です。

というのも、スマートフォンがバージョンアップ(ソフトウェア含む)すると設定がクリアされてしまうようで、もう一度adbコマンドを入力しなければならないからです。

他にも色々と設定する事が出来るようですので、一度この環境を構築しておけばとても便利です。

但し、ここは作業は自己責任でよろしくお願いしますね。

-パソコン・スマホ
-, , ,