ライフリンケージ

聴覚障害者・臨床検査技師のちょっとした情報シェアします。

家庭・生活 税金

ふるさと納税に初挑戦!選んだ地域は長野県阿南町。

2017/01/24

0I9A5091ISUMI_TP_V

ふるさと納税に初挑戦しました。

以前から興味は持っていたけど、結局やらずじまい。

やらなかった理由は、結局仕組みがよく分からない・・・。

自己負担額が2,000円で返礼特産品が貰えてお得。

って言うけれど今いちピンとこないので行動してこなかった。

そんなふるさと納税ですが、なぜ今年やろうと決断したのか。

それは、東京 → 北海道と移り住んで会社員の給料は確実に減るという目を背けたくなる事実があるから。

その額、約10万。年間で120万円!!思わず目を背けたくなる(><)

今までと同じ生活をしていては、まずやっていけないであろう危機感ありまくり。

税金が少しでもお得になるのであれば、まずやってみなくては始まらない。

そんな想いでふるさと納税に挑戦です。

 

スポンサードリンク

まずは上限額がいくらなのかシミュレーション。

【ふるさと納税上限額】で検索したら、

ふるさとチョイスというサイトが出てきたので、ここで必要事項を入力。

参考までに去年の源泉徴収の額を入力。

ふるさと納税目安金額
えっ!意外と寄付できたんだ。と驚き!!

もし仮に、上限ギリギリの 45,000円まで寄付したらどうなるのだろう?

その結果がこちら。

ふるさと納税減額
えぇ!!住民税がこんなに軽減されるなんてビックリ!

45,000円寄付で、特産品が貰えてこんなに軽減されるなら・・・

今年は移住して、収入も減るので税金を多く支払っていた去年にやっておけば良かったなぁ。

まぁもう過ぎた事はしょうがないので、これからどうするか?という事でまずはやってみるしかない!

という事で次はどこに寄付するか?

本当は応援したい地域に寄付するのが本来の目的なのでしょうが、

そうは言っても、生きていく為にって考えると、どうしても

『自己負担2,000円でどこがお得か!?』という考えになってしまいます。

でも、各市町村が寄付金を集めるためにお得感をPRしていっている事は

それだけそこに暮らしている住民たちが、頑張っているとも取れる訳ですし。

そんなわけで色々調べて選んだ地域は『長野県阿南町』

ふるさと納税で、お得に活用したい!

そこで選んだ食材が『米』

米と稲

そりゃあ、ふるさと納税で美味しいものを手に入れたいけど

北海道・・・野菜や魚介類、肉なども普通に美味しいし(笑)

日常生活の足しになる『米』を今年は選択。

そう決断したきっかけの1つになったブログがこちらです。

 

そこで選んだのが、ふるさと納税で米返礼でお得と話題になった事がある『長野県阿南町』

寄付額に応じた、米の返礼量が

10,000円 → 20Kg

20,000円 → 40kg

30,000円 → 60kg

昔は申し込み殺到して、すぐ締め切りにもなったみたいですが、

今では10,000円で米20Kg以上という地域は多くなり、

返礼量としては当たり前という認識になってきてるようです。

そのせいか、6月に入っても『長野県阿南町』は申し込み募集中。

という事で、今回はふるさと納税の米の返礼のパイオニアとも思われる『長野県阿南町』に決定。

次回の記事で実際の申し込みの流れをシェアしていきたいと思います。

-家庭・生活, 税金
-